/

この記事は会員限定です

中外製薬、「財務優等生」に迫る成長の壁

満武里奈

[有料会員限定]

国内の製薬企業きっての「財務優等生」である中外製薬が積極投資に動き出した。2024年までに総額約2400億円を投じ、国内に研究・製造拠点を整備する。「30年以降に毎年新薬を発売する」目標に向けた布石だが、一時的な財務負担増大のリスクを超えて成長を続けるには、新薬による収益拡大とコスト低減の両輪に道筋を付ける必要がある。

中外の時価総額は11日時点で約6兆8000億円と、売上高では国内首位の武田薬品工業を抜いて製薬業界トップ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1853文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン