/

この記事は会員限定です

日本の車部品、EV特許で優位 テスラなど米国企業も追随

[有料会員限定]

電気自動車(EV)の米国での特許競争力では、上位50社のうち21社が日本企業だった。トヨタ自動車ホンダなど完成車4社以外では、自動車向けの電子部品を手がける日立アステモやパナソニックなどが20位以内に入った。

5位にはデンソーが入り、車部品メーカーでは最も順位が高い。デンソーは電流を調節してモーターを高速から低速まで効率よく制御する技術に強く、その特許の競争力はトヨタの5倍に達する。ホンダ系と日立製作所系の計4社が合併した日立アステモが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り706文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン