/

この記事は会員限定です

LayerX松本氏「ソフト核に発想転換」、金融DXサミット

[有料会員限定]

金融DX(デジタルトランスフォーメーション)サミット「Financial DX/SUM(フィナンシャル・ディークロッサム)」(日本経済新聞社主催)が30日、東京都内で開催された。金融DXにおけるスタートアップの役割を議論した同日午後の討論では、産業デジタル化を手掛けるLayerX(レイヤーX、東京・中央)の松本勇気代表が「ソフトウエアが事業のコアだという考え方に、発想を転換することが重要」と話した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り865文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン