/

この記事は会員限定です

三井不動産系社長「高額マンション販売、金利を注視」

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

新型コロナウイルスの流行が長引くなかでも新築分譲マンションの販売は堅調だ。都心の高額物件に加え、在宅勤務の広がりで郊外物件の人気も高い。企業の業績悪化など不安要因は多いが、低金利や資産性の高さを決め手に購入に動くファミリー層は多い。4月に三井不動産レジデンシャル社長に就いた嘉村徹氏に現状や戦略を聞いた。

郊外はターミナル駅の周辺物件に人気

――マンション市場の現状を、どう見ていますか。

「何でも売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン