/

この記事は会員限定です

日本製鉄副社長「事業益6000億円以上、価格是正続ける」

今期業績を聞く

[有料会員限定]

日本製鉄が2023年3月期に本業のもうけを示す事業利益(在庫評価益や高炉改修影響を除いた実力ベース)で6000億円以上を目指す。生産設備の集約など構造改革や原材料高の価格転嫁の動きが進み、過去最高の前期(6900億円)に次ぐ水準だ。景気の減速懸念が強まる中で高水準の利益を維持できるか。森高弘副社長に聞いた。

――今後の鋼材需要をどう見通していますか。

「中国の都市封鎖(ロックダウン)で需要が急減...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1307文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン