/

この記事は会員限定です

ペットボトルを完全再生 日本環境設計、化学分解で

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

資源リサイクルを手掛けるスタートアップの日本環境設計(川崎市)が5月、ペットボトルの完全リサイクルに向けた工場を再生する。世界でも唯一という「ケミカルリサイクル」を実用化した施設だ。アサヒ飲料や商社の双日と組んで量産し、運用が軌道に乗ればシステムを海外展開する。プラスチックごみ禁輸など環境規制の高まりを追い風に拡大を目指す。

神奈川県川崎市。臨海部の工業地帯の一角では、鉄塔やタンクが立ち並ぶ工場の整備...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1691文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン