/

この記事は会員限定です

スパコン「富岳」意外なV4 満を持す米中、次世代機着々

[有料会員限定]

理化学研究所と富士通が開発したスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」が11月に公表された計算速度を競うスパコンの性能ランキング「トップ500」で首位となった。中国や米国が富岳を上回る性能の次世代機を投入するとの観測があっただけに、4期連続の世界一には想定外の面もある。

11月、スパコン分野のノーベル賞ともいわれる2021年のゴードン・ベル賞が発表された。量子コンピューターの手法をスパコンで模倣...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1665文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン