/

アサヒ、NZのコーヒー豆販社を買収

アサヒグループホールディングス(GHD)は30日、ニュージーランドのコーヒー豆販売、オールプレス・エスプレッソを買収すると発表した。オールプレスはコーヒー豆を現地の飲食店などに販売し、オーストラリアや日本などにもコーヒーチェーンを展開する。アサヒはオールプレスの販路を活用し、オセアニア市場をさらに深耕したい考えだ。

アサヒGHD傘下で豪州事業を担うアサヒビバレッジズが買収する。5月末頃の買収を予定しており、金額は非公表。オールプレスの売上高は30億円弱とみられる。

オールプレスは年1500トン、約1億2000万杯分のコーヒー豆を販売している。コーヒーチェーンも運営し、ニュージーランドや豪州のほか、日本、シンガポール、英国などで16店舗を展開する。

アサヒは2020年6月に豪ビール最大手カールトン&ユナイテッドブリュワリーズ(CUB)の買収を完了し、オセアニアで酒類や飲料を販売している。拡大するオセアニアのコーヒー市場へ進出し、さらなる販売拡大をはかる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン