/

この記事は会員限定です

リオープン銘柄、対立する強弱感 株高も空売り膨らむ

[有料会員限定]

小売りや旅行などリオープン(経済再開)銘柄を巡って見方が対立している。業績回復への期待から株価が上昇。その一方で新型コロナウイルスの感染再拡大や株価急騰の逆張りから空売りが膨らみ、買いと売りが交錯している。ただ信用売り残のうち含み損となっている比率は高く、空売り勢は苦しい情勢だ。

1日の日経平均株価は大幅続落。外需系が売られた一方、底堅いのがリオープン銘柄だった。マツキヨココカラ&カンパ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン