/

リモート地方副業のJOINS、9000万円調達

リモート副業の仲介サービスを手掛けるJOINS(ジョインズ、東京・千代田)はベンチャーキャピタル(VC)などから9000万円を調達した。認知度の拡大や人材採用に投資する。サービスに登録する地方企業の数を、1年後に現在の約4倍の3000社に増やすことを目指す。

VCのドーガン・ベータ(福岡市)やマネックスベンチャーズ(東京・港)、山陰合同銀行、日本ベンチャー・フィランソロピー基金(JVPF)などから調達した。ジョインズは地方企業と首都圏などの人材を結びつける事業を手掛ける。首都圏の会社員など約8000人が登録しており、ビデオ会議ツールなどを活用して地方の中小企業などで副業として働く。

新型コロナウイルス禍で地方企業でも電子商取引(EC)対応などデジタル化の需要は高く、リモート副業の引き合いが多いという。ジョインズの猪尾愛隆社長は「副業を通じて『関係人口』を増やせば地方創生の一助になる」と話す。マネックスベンチャーズの和田誠一郎代表は「10年間など長期の目線で社会的インパクトを創出してほしい」と期待する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン