/

ザインエレクトロニクス、4K対応の小型IoTカメラ

ザインエレクトロニクスの4K対応小型カメラキット

半導体設計開発のザインエレクトロニクスは31日、4K画質に対応した産業向けの小型カメラキットを発売した。カメラシステムに必要なレンズや画像センサー、画像処理半導体、ソフトウエアを組み合わせ、目的に合わせてすぐに利用できる。工場や倉庫でのモニタリングや見守り、店舗での人流や動線分析などへの利用を想定する。

ザインが開発したカメラキット「THSCU101」は、4K動画に必要な1300万画素に対応した。3.5センチメートル角ほどのサイズで、USBケーブルでパソコンへ接続するだけで利用できる。従来比で10倍速く焦点を合わせられる「位相差検出オートフォーカス(PDAF)」方式を採用し、動く対象物でもすぐにピントを合わせられる。

同社は新製品で現場の省人化や非接触化が図れると見込む。工場や倉庫では物流の動きや、計器類の表示をカメラで遠隔から監視できる。バーコードの読み取りに利用すれば、セルフレジや物品の識別に使える。そのほかオンライン会議や、仮想現実(VR)技術にも利用できる。

カメラキットを使えば、設計から部品の調達、組み立てにかかるコストや人手を削減できる。価格は240ドル(約2万6千円)ほどになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン