/

この記事は会員限定です

「見えない注文」にもスマイル 好調マックの新型厨房

[有料会員限定]
NIKKEI MJ

日本マクドナルドホールディングスのトップが7年ぶりに交代した。傘下の日本マクドナルド社長から昇格した日色保社長は、コロナ下で綱渡りの店舗運営に直面している。宅配やドライブスルーの注文が急増し、現場の負担が増す懸念が強まっているからだ。業績は堅調だが、現場が荒れては客離れのリスクは高まる。効率の良い新型キッチン導入など地道な取り組みから、持続的な成長に向けた新トップの決意がにじむ。

3年後の課題が目の前に

「店舗運営の難易度が上がっている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3993文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJ

創刊50周年を迎えたマーケティングの専門紙「日経MJ」のコンテンツをまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン