/

この記事は会員限定です

フリーランス保護策は十分か 法政大学・沼田教授に聞く

[有料会員限定]

企業などに属さないフリーランスとしての働き方が普及し、報酬や事故時の責任を巡るトラブルも増えている。政府は「フリーランスが安心して働ける環境を整備する」との方針を掲げ、下請法の対象を広げて不利な取引を強いられないようにするなどの取り組みを進めようとしている。ただ欧州のように、労働法の手厚い保護を与えるまでの動きはない。実情に詳しい沼田雅之法政大学教授に、フリーランスに合った労働法制の保護のあり方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1914文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

商標権や著作権、知的財産権など、ビジネスに関わる法律、ルールを読み解くコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません