/

マカフィー控訴取り下げ 「ドスパラ」への賠償確定

日経クロステック

パソコンにバンドルするセキュリティーソフトの契約を巡り、パソコン販売店の「ドスパラ」を運営するサードウェーブ(東京・千代田)が米マカフィー日本法人を訴えた裁判で、マカフィーが東京高等裁判所への控訴を取り下げていたことが、日経クロステックの取材で27日までに分かった。2022年4月22日にマカフィー側の不法行為を認め、2347万5262円の賠償金支払いを命じた一審判決が確定したこととなる。

同裁判は、サードウェーブ製パソコンにバンドルするマカフィー製セキュリティーソフトの契約に際し、「マカフィーが事実に反する説明を繰り返し、当社の経営判断に不当な影響を与えて被害を受けた」として、サードウェーブがマカフィーに対して18年10月22日付で計約16億円の損害賠償を求めて訴訟を提起したもの。東京地方裁判所はマカフィーの不法行為を認定し、同社に損害賠償を命じていた。マカフィー側は即日、東京高裁に控訴したが、今回これを取り下げた。

IT法務に詳しいシティライツ法律事務所の伊藤雅浩弁護士は、一審の判決について「サードウェーブ側の実質的な勝訴だ」と分析。「判決では契約上の違反ではなく、契約前の営業の説明が信義則上問題であったとして不法行為を認めさせた」(同)と解説する。

サードウェーブとマカフィーの両社は日経クロステックの取材に対し、「コメントを差し控える」とした。

(日経クロステック/日経コンピュータ 鈴木慶太)

[日経クロステック 2022年5月27日の記事を再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン