/

この記事は会員限定です

マクドナルド、調理能力2倍に 宅配需要を狙い店舗刷新

[有料会員限定]

日本マクドナルドホールディングスは新型コロナウイルス下での「巣ごもり需要」に対応するため、店舗を大幅刷新する。各店の調理能力を2倍にするほか、建て替えなどで大型化してドライブスルーの受け入れ能力も拡大する。2021年12月期の設備投資を13年ぶりの高水準となる約240億円に引き上げ、宅配などの需要増を取り込む。

店舗の刷新は新たな厨房設備の導入と店舗の大型化が柱になる。新設備の導入でハンバーガーなどを同時に調理できる人数を現在の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン