/

この記事は会員限定です

コマツ、工事コスト半減へ 3Dで現場再現し人員最適化

中国勢台頭 土俵変える

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

中国勢の台頭など競争激化に直面するコマツが、工事現場のビッグデータに今後の活路を見いだそうとしている。3次元の仮想空間で工事の全工程を再現する施工管理サービスを本格化し、コスト半減を視野に無駄を一掃する。建機の価格競争と一線を画す、新たな成長基盤づくりを急ぐ。

「これまでのデジタル化は、建設業界が抱える課題のほんの一部しか解決していなかった」

コマツでデジタル化を担当する四家千佳史執行役員は、そう語る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1802文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「DX(デジタルトランスフォーメーション)」。 2020年からはDX銘柄の選定が始まり注目度も高まっています。様々な企業がDXを実践し失敗と成功を重ねてきました。 このコラムでは、いま注目すべき企業によるDXの推進事例をお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン