/

西武ホールディングス、最終黒字転換

【最終黒字転換】鉄道需要の回復により最終損益は820億円の黒字に転換する見込み。ホテルでは稼働率の回復が鈍く、国内施設の平均稼働率は39%にとどまる。インバウンド(訪日外国人)など観光需要の回復に期待がかかる。

【資産売却】ホテルなど31施設の売却による特別利益約800億円を計上見込み。国内外で10年以内に250施設への拡大を目指しており、新規開業は原則として運営に特化する方針。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン