/

ディズニー、動画サービスで国内ドラマ初配信

ウォルト・ディズニー・ジャパン(東京・港)は29日、動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」でTBSテレビが制作・放送したドラマを配信すると発表した。国内のドラマをディズニープラスで世界に配信するのは初めてとなる。

TBS系列で7月から9月にかけて放送した日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」を10月27日から配信する。従来の「ピクサー」「マーベル」などのブランドに加えて同日から配信を始める新ブランド「スター」内での配信となる。スターでは各国発のコンテンツ発信を強化する方針を掲げており、今回はその第1弾。両社は今後も作品の配信などを手がけていく。

ディズニープラスが日本国内の地上波で放送した番組を配信するのは今回が初めて。ネットフリックスやアマゾン・プライム・ビデオでは国内制作のドラマを配信しており、一部は海外にも配信されている。

国内では若い世代を中心にテレビの視聴時間が減少傾向にある。テレビ局からは、国内外で急速に普及する動画配信サービスを通じて幅広い層に気軽に作品を楽しんでもらえるとの期待も大きい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン