/

この記事は会員限定です

パソナ、地銀25行から最大217億円調達 BPO事業資金に

[有料会員限定]

パソナグループは全国の地方銀行25行とシンジケートローン(協調融資)で最大217億円を調達する。借入金の返済や、企業や自治体の間接業務を請け負う事業の運転資金にあてる。収益源の多角化にむけ人材紹介に力を入れている地銀との接点を増やし、本業の拡大につなげる狙いもある。

協調融資は三菱UFJ銀行をアレンジャーとし、青森銀行、足利銀行、紀陽銀行中国銀行といった地銀が参加する。参加する銀行数は国内で最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り706文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン