/

この記事は会員限定です

防衛産業の中小企業向け 情報セキュリティーを支援

[有料会員限定]

防衛関連の中小企業の情報セキュリティー体制を強化しようと、公益財団法人防衛基盤整備協会(東京・新宿)は防衛装備品の調達にかかわる中小企業60社を募集して現状把握や強化策、人材育成の計画策定を支援する。防衛装備庁の受託事業で、参加企業による脆弱性診断や機器の設置、教育訓練の費用などは無料だ。

防衛省は2022年4月に米国防総省が調達先企業に求めている基準に相当するレベルの「防衛産業サイバーセキュリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り560文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません