/

この記事は会員限定です

東芝が目指す日本型DX アナログの信頼超える社会へ

CTO30会議(31)

[有料会員限定]
日経BP総研

東芝は、長年にわたり電力などのインフラを提供し、それらのデジタルトランスフォーメーション(DX)をグループ全体で推し進めている。DXは専門部署だけが担当するものではなく、従業員全員で取り組むことが大切と考え、DXを支援する部署を設置するにとどめた。同社DX担当で執行役上席常務の島田太郎氏に、日本企業が取り組むべきDXについて聞いた。

デジタル化は加速したが変革していない

――新型コロナウイルスの感染拡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1910文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン