/

この記事は会員限定です

NEC、建設業を自主廃業 社員が欠格要件に該当

[有料会員限定]

NECは29日、建設業許可の廃業を届け出て受理されたと発表した。営業拠点の責任者である社員1人が刑事罰を受けた後もその業務を続けたことが、建設業許可の欠格要件に該当する。再取得まで建設工事の営業ができない。再発防止策をつくって建設業許可を再申請する。

通信機器設置などのために建設業許可を取得していた。再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り151文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません