/

ソニー、動画投稿向けカメラ レンズ交換式に

レンズ交換可能な「α」シリーズとして販売する

ソニーはSNS向けの動画撮影に特化したカメラ「VLOG CAM(ブイログカム)」シリーズで、レンズ交換式の新製品「ZV-E10」を9月17日に発売する。広角や望遠レンズなどを使うことで、動画表現の幅を広げられる。画像センサーのサイズも前製品よりも大きくした。日常の様子を記録する「ブイロガー」など、若年層に売り込む。

ブイログカムは2020年6月に発売した。短時間の自撮りなど若者を中心に広がる撮影スタイルに合わせて、ボタン1つで背景のぼけやピントがあう場所を切り替える機能を盛り込んだ。レンズは固定式だったが、動画の表現力にこだわりたい人向けにソニーのミラーレスカメラ「α(アルファ)」シリーズとして、第2弾を投入する。

ソニーの「Eマウント」に対応するレンズであれば着脱できる。自撮りの時に広角レンズで背景を広く映したり、遠くで走っている子供を撮るために望遠レンズを使ったりできる。

画像センサーのサイズは「APS-C」型と、前製品から大きくしたため、暗い所の撮影や背景のぼけの強調がしやすくなる。パソコンやスマホとケーブルでつなげば、オンライン会議やライブ配信用のカメラとしても利用できる。

色はブラックとホワイト。推定価格は本体のみで7万8000円、標準レンズ付きで8万9000円前後。発売に合わせて、世界の映像クリエーターからブイログ作品を募集するコンテストを開く。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン