/

ゴディバ、各地の菓子職人とコラボ 第1弾は生カステラ

ゴディバジャパン(東京・港)は日本各地の菓子職人らと共同開発する商品シリーズの展開を始めた。第1弾として、長崎カステラを製造する菓秀苑森長(長崎県諫早市)と共同開発したスイーツを発売した。新型コロナウイルス禍で旅行が制限されるなか、顧客に各地の菓子の味を楽しんでもらう狙いだ。

「ゴディバ マンスリー シェフズ セレクション」は、ゴディバジャパンのシェフと各地の菓子職人が共同開発する商品シリーズ。地域の定番スイーツや話題の逸品にゴディバがアレンジを加え、オリジナル商品として販売する。月替わりで新商品を投入していく。

第1弾は「スプーンで食べる生カステラ」だ。外側はやわらかく、中はしっとりした食感が楽しめるという。時期ごとの温度や湿度を勘案し、火は通りつつも絶妙のとろけ具合を実現する焼き上がりに調整した。

第1弾ではチョコレートとセサミの2種類を用意した。価格は648円。西武池袋本店(東京・豊島)など限定したゴディバ10店舗で展開する。8月には取扱店舗を拡大し、8月末まで販売する予定だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン