/

都心中古マンション価格、10月小幅上昇 購入の様子見も

東京カンテイ(東京・品川)がまとめた10月の中古マンション平均希望売り出し価格(70平方メートル換算)は、東京都心6区(千代田、中央、港、新宿、文京、渋谷)が9月比23万円(0.2%)高い9262万円だった。上昇は2カ月ぶりだが小幅にとどまった。これまでの価格上昇や住宅ローン減税の見直し議論などを踏まえ、購入を様子見する動きが出てきた。

東京都全体では5914万円と38万円(0.6%)上昇した。東京23区は30万円(0.5%)高い6465万円と16カ月連続で上昇。ただし23区の在庫数は5カ月連続で増えた。

中でも都心6区では千代田・港・渋谷区を中心に中古価格でも1億円前後に達しており、高値感から価格上昇に歯止めがかかっている。加えて「住宅ローン減税見直しの方針が決まってから購入しようと様子見する人々がいるのではないか」(東京カンテイの高橋雅之主任研究員)との指摘もある。

周辺部は神奈川県が40万円(1.2%)高い3244万円。埼玉県も上昇傾向を示している。首都圏は55万円(1.3%)高い4360万円と6カ月連続で上昇。近畿圏は32万円(1.2%)、中部圏は21万円(1%)値上がりした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン