/

この記事は会員限定です

著名500人を立体CGに  サイバーエージェント

[有料会員限定]

サイバーエージェントは8月にも、俳優など著名人を再現したCG(コンピューターグラフィックス)モデルの著作権を芸能事務所から獲得し、企業の広告やイベント向けにモデルを提供する事業を始める。2023年までに500人のCG著作権を得る計画だ。著名人のCGモデル活用は国内外で増えているが、大規模なビジネスとして手掛けるのは珍しい。

CGモデルは約160台のカメラで対象人物の全身を撮影して作る。そのうえで、機械学習の手法を取り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン