/

この記事は会員限定です

持続可能なコンビニ経営は? セブンイレブン社長に聞く

そこが知りたい

(更新) [有料会員限定]

国内店舗数が約5万8000店に達し、市場の飽和感が指摘されて久しいコンビニエンスストア。新型コロナウイルス下で人の流れが変わり、従来の店舗運営だけでは生き残りは難しい。人手不足感も強まるなか、フランチャイズチェーン(FC)オーナーの負担を軽減するためにも、店舗の生産性向上が急務となる。コンビニ経営は持続可能なのか。セブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長に展望を聞いた。

――24時間営業を取りや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1096文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

話題のニュースを企業トップへのインタビューで掘り下げます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン