/

アイリス、米おどらず粒立つ炊飯器 実現に意外な技術

アイリスオーヤマが8月6日に発売する瞬熱真空釜炊飯器
日経ビジネス電子版

家電分野に注力するアイリスオーヤマ(仙台市)が炊飯器の新商品を8月6日に発売する。これまで商品開発において貫いてきた「引き算」の発想によって、市場で炊飯器の価格が上がってきた一因である圧力機能を省いた。

それでも味を楽しめるよう、社内の異分野の技術を応用。東日本大震災を受けて農業支援に重きを置くアイリスが、どれだけ知恵を詰め込めるか挑んだ。

アイリスが発売する「瞬熱真空釜炊飯器」は、日本伝統のかまどで炊いた粒立ちのいいご飯の仕上がりを目指した。10万円前後の商品もそろう炊飯器市場で、同社の旗艦モデルだという今回の商品は税込み6万980円(5.5合炊き、参考価格)とした。

炊飯器はどこの家庭にもある取るに足りない家電のように思われるかもしれないが、同社にとっては重みが違う。宮城県に本社を置くアイリスは、2011年の東日本大震災後、東北の農業を支援しようと13年に精米事業に参入。15年には精米の知見を生かして炊飯器事業を始めた。

新商品のキャッチコピーは「本物のかまどはお米をおどらせない」。「おどらせない」というのは、米同士が炊飯器の中で対流してぶつかり、傷ついて粒が立ちにくくなることを避けようとしていることを表す。

市場には「おどり炊き」をうたう商品があるが、開発の方向性を探る中でそれとは反対の考え方を打ち出すことになった。

開発に取りかかったのは4年ほど前。炊飯器事業を始めて以降、消費者から粒がもっと立っている米を食べたいという意見が多く寄せられた。勝間浩之小型家電事業部統括事業部長は「これがお客さまがさらに求めている部分」と確信した。目指す方向として行き着いたのが伝統のかまどだった。

対流させない工夫

かまどのように炊けるとアピールする商品は、すでに市場にある。アイリスは「他社の場合はかまど独特の大火力を再現したり、釜をかまどの蓄熱性に近づけたりとアプローチの方法が異なる。当社は炊飯中に対流を生じさせず、おどらせないことに焦点を絞った」と説明する。

米・食味鑑定士ら「お米のスペシャリスト」(調理家電課の河阪雅之マネージャー)でつくる開発チームが、新潟県や長野県のかまど炊きご飯の専門店を訪問。釜全体が炎に包まれて一気に加熱されていくメカニズムを具体的に研究した。その中で、かまどの中では米はおどっていない、ということに気づいたという。

アイリス製品も含め一般的な炊飯器では、熱源が釜の底部にあり、上部との温度差が生じやすい。これによって対流が生じる。

開発チームが目を付けたのは、アイリスの発光ダイオード(LED)照明で使われている「ヒートパイプ」という技術だった。これによって釜の上部と底部との温度差を抑えて加熱できるようになった。

ヒートパイプは真空のパイプ内の熱源近くで温められた「作動液」が蒸気となって移動し、熱源から離れた部分で放熱する。今回の商品では釜の内側に4ミリの真空空間をつくって作動液を封入。それによって、上部と底部の温度差を抑え、「おどらない」仕組みを完成させた。

LED照明の技術を使うことで、米の粒立ちなどにかかわる熱伝導速度は同社従来品と比べ約100倍になった。

ヒートパイプの仕組み
瞬熱真空釜炊飯器の釜の断面。幅4ミリの真空スペースが設けられている

もう一つの工夫は圧力機能を省略したことだ。圧力をかけると高温で炊けるため、米がふっくらして弾力が生まれる。

勝間氏は「他社であれば、今回の商品に圧力機能も加えて、価格帯を引き上げたかもしれない。だが、当社は(消費者からの意見に多かった)かまどで炊いたような粒立ちのいいご飯という点にこだわった。だから高い圧力は必要ないと判断し、(選択肢から)抜いた。この商品の引き算開発の一番のポイントだ」と話す。

これにより、お米の分量に合わせて最適な水分量を計測する量り炊き機能や、50銘柄の米に対応した炊飯制御機能などを残したまま、6万円台を実現させた。

「当社のDNAのようなもの」

消費者にとって必要ではない機能を間引いて手ごろな価格にする引き算開発は、アイリスの重要な開発戦略の1つだ。

例えば、20年から手掛けているポータブルクーラー。間引いたのは室外機で、熱交換で発生する暖かい空気は付属のダクトで窓の外に直接排出でき、結露した水は本体のタンクにたまる仕組みにした。21年5月に売り出した新商品は参考価格が5万円台からで取り付け工事も必要なく、消費者の負担は軽い。

他にも専用マットのないふとん乾燥機や、乾燥機能のないドラム式洗濯機などがあり「当社のDNAのようなもの」と勝間氏は語る。

米専門店スズノブ(東京・目黒)の西島豊造氏は「圧力釜で炊くと甘みや粘りが強くなりすぎ、朝からは食べられないという子供や高齢者もいる。そうした意味で、この商品で炊くと食べやすいだろう」と話す。

「安いからシェアを取っているのではありません」「重要なのは、マーケットインでもプロダクトアウトでもなく、需要を創るユーザーイン」。大山健太郎会長はかつてのインタビューで、同社の強みは着眼点だと強調している。

日本の食卓は洋食化がどんどん進み、米の消費は減少が続いてきた。縮む市場へ投入した新商品はどこまで需要をつかめるのか。結果がどうであれ、購入者から返ってくる様々な反応を、アイリスは次の開発への糧とするはずだ。

(日経ビジネス 藤中潤)

[日経ビジネス電子版 2021年7月28日の記事を再構成]

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。「日経ビジネス電子版」のオリジナルコンテンツもお読みいただけます。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちらhttps://www.nikkei.com/promotion/collaboration/nbd1405/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ビジネス

企業経営・経済・社会の「今」を深掘りし、時代の一歩先を見通す「日経ビジネス電子版」より、厳選記事をピックアップしてお届けする。月曜日から金曜日まで平日の毎日配信。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン