/

この記事は会員限定です

ANAHD、22年3月期は難路の黒字化 需要回復遠く

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)が30日発表した2021年3月期の連結決算は最終損益が4046億円の赤字(前の期は276億円の黒字)だった。赤字幅は過去最大となった。新型コロナウイルスの影響で国内、国際線とも旅客収入が減った。人件費の抑制や運航規模の縮小、機材の小型化などで固定費の削減は進んだが、3度目の緊急事態宣言発出や変異株の広がりで大型連休の需要やその先の回復にも不透明感が漂い始めた。需要回復やワクチン接種を切り札...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン