/

この記事は会員限定です

武田、メガファーマ道半ば 欧米に遅れたコロナ対応

ビッグBiz解剖㊤

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

武田薬品工業が「メガファーマ」として成長しようともがいている。6兆円超を投じたアイルランド製薬シャイアーの買収から2年余り。新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の開発では米ファイザーなど欧米勢に後れを取った。売上高規模では海外大手の背中が見えるものの、創薬に必要な資金力やネットワークなどの底上げは道半ばとなっている。

コロナ治療薬は開発中止に

「一から開発していては時間がかかりすぎる」。新型コロナ感染が日本で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2030文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン