/

この記事は会員限定です

量子技術、日米共闘で中国対抗 知の交流には支障も

[有料会員限定]

次世代の高速計算機、量子コンピューターをはじめとする量子技術の開発・導入に向けて、日米が「共闘態勢」の構築に動き始めた。4月の日米首脳会談で連携を打ち出し、共同研究などの具体化を急ぐ。念頭にあるのは急速に研究力を高める中国の存在だ。同盟関係を重視するバイデン政権の発足を受け、日米が手を組んで対抗する。

量子技術は量子力学と呼ぶ物理学の理論を応用した新たなテクノロジーを指す。素材開発などに革新をもた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン