/

「カロナール」出荷調整 あゆみ製薬、コロナで需要増

think!多様な観点からニュースを考える

あゆみ製薬(東京・中央)は29日、解熱鎮痛剤「カロナール」の出荷調整を始めたと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大「第7波」で患者が急増し、医療機関からの発注に対応することが難しくなったため。主力の錠剤を出荷調整するほか、一部製品は出荷を停止した。

対象はカロナールの錠剤や座薬など。欠品などを避けるため、過去の発注量をベースに出荷量を割り当てる「限定出荷」を始めた。終了日は未定で、「安定供給の体制が整うまでの間」(同社)としている。カロナールの細粒の一部製品は出荷を停止した。

カロナールはコロナワクチン接種後の発熱などに使われている。出荷量は19年度の年間13億錠から、足元では年間20億錠まで増えている。しかし第7波でコロナの感染者が急増し、カロナールの需要が増加。「出荷量が前年同日比で約3倍に上る日もあった」(同社)という。その後も想定を上回る需要が続いたため、出荷調整に踏み切った。

解熱鎮痛剤では、カロナールと同じ有効成分「アセトアミノフェン」の医薬品が複数社から出されている。このほかに異なる有効成分として「ロキソプロフェン」や「イブプロフェン」を使った薬剤もある。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン