/

この記事は会員限定です

塩野義や第一三共、ワクチン開発でオミクロン型対応検討

[有料会員限定]

国内の製薬企業が新たな新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」への対応を始める。塩野義製薬はオミクロン型に対応するワクチンの開発へ検討に入った。第一三共も現在開発中のワクチンが有効かを調べる。感染の有無を調べるPCR検査でもタカラバイオが新たに検査薬の開発を進める方針。世界各地で感染が確認されるなか、感染拡大の抑止へ備えを急ぐ。

塩野義はオミクロン型の遺伝子情報をもとにしたワクチンの有効成分「原薬」をつくる検討に入った。同社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り768文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン