/

KDDI「ガラケー」向け3Gサービス終了 22年3月末

KDDIは29日、第3世代(3G)の携帯電話サービスを2022年3月31日に終了すると発表した。3G回線を使う従来型の携帯電話「ガラケー」などの契約は、22年4月1日に自動的に解約となる。KDDIは3Gサービスの利用者を対象に、現行の4Gや高速通信規格「5G」への移行を進める。

KDDIはauの3G向け携帯電話向けサービス「CDMA 1X WIN」を、22年3月31日に終了する。契約者の電話番号などの情報は22年6月30日に保管を終える。

KDDIの3Gサービスは03年11月に提供を始めて以降、4Gの普及で利用者が減少していた。KDDIは3Gに対応した機種を無料で4Gや5Gに対応した機種に交換するなどして、移行を急いでいる。

総務省によると、20年度末の国内の携帯電話の加入数は約1億9400万件だ。このうち3Gの加入数は13%の約2500万件だった。スマホが普及するなか、ドコモもiモードと3Gの携帯電話サービス「FOMA」の提供を26年3月末で終了すると発表している。

(平岡大輝)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン