/

ファミマ、郵便局に初出店 埼玉に無人決済店

日本郵政グループとファミリーマートは29日、埼玉県川越市内の郵便局に無人決済のコンビニエンスストアを開業した。郵便局内にファミマが出店するのは初めて。消費者の利便性を高め、郵便局の集客力の向上につなげる。日本郵便の衣川和秀社長は今後の出店について「利用状況を見て考えたい」と述べ、高齢のため出かけにくい「買い物弱者」の問題解消につなげる考えを示した。

川越西郵便局の空きスペースに14平方メートルの店舗を設置した。天井にカメラを20台設置し、棚には重量センサーがついている。利用者が手に取った商品をカメラや重量センサーで店のシステムが把握し、セルフレジで決済する。食品や飲料、日用品など約350種類の商品を取り扱う。

ファミマの無人決済店としては4店目で、商品の補充などは近くのコンビニの店員が担当する。ファミマは日本郵政に賃料を払うが、空きスペースを活用するため出店コストを大幅に抑えられる。また人件費も抑えられ、「今までコストが合わなかった場所にも出店できるようになる」(ファミマの細見研介社長)という。

また茨城県稲敷市の郵便局では、ロビーにファミマの陳列棚や冷蔵ショーケースを設置し、郵便局の窓口で代金を支払う取り組みも29日に始めた。過疎に伴う店舗の減少で深刻になっている買い物弱者の問題解消につなげる考えだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン