/

ホワイトハッカーとは 専門知識で企業や組織を防衛

きょうのことば

ホワイトハッカー IT(情報技術)やネットワークなどのサイバーセキュリティー知識を社会的に正しい目的で活用する技術者。反対に、知識を不正な攻撃や犯罪に使う技術者は「クラッカー」や「ブラックハッカー」などと呼ばれる。

所属する企業や組織に対するサイバー防衛業務に加え、ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)集団など社会的な脅威の調査にあたる人々もいる。多人数のホワイトハッカーと提携し、企業の依頼に応じて防衛を請け負う会社もある。

社内に人材を確保するには、大学などでセキュリティーを専攻した学生の採用や、ITに詳しい社員に専門知識を習得させる方法がある。技術を競い合う大会も盛んで、日本最大の国際大会「SECCON(セクコン)」や学生対象の「情報危機管理コンテスト」など様々なイベントが育成・発掘の場となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

サイバー防衛

手口が巧妙化し被害が増えているサイバー攻撃や、それに対する防衛策などに関する最新記事をまとめたページです。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン