/

世界半導体市場、4年ぶり縮小 23年4.1%減に下方修正

主要な半導体メーカーで構成する世界半導体市場統計(WSTS)は29日、2023年の半導体市場が前年比4.1%減の5565億ドル(約77兆円)になる見通しを発表した。従来予想(4.6%増)から一転し4年ぶりのマイナス成長となる。スマートフォンやパソコンなど民生品向けの需要が落ち込んでおり、記憶用半導体のメモリーが大きく落ち込む。

WSTSは今春、23年の市場成長率を5.1%との見通しを示していたが、8月に4.6%に下方修正していた。前回の修正予想からさらに大きく下振れる。前年を下回るのは、新型コロナウイルス禍前にメモリー市況が急速に悪化した19年以来4年ぶりとなる。

23年の落ち込み幅で特に大きいのは市場の2割強に相当するメモリーで、22年比17%減を見通す。地域別ではアジア太平洋地域が7.5%のマイナスとなる見込みだ。日、米、欧はプラス想定だが、中国を中心に市場の縮小幅が大きい。22年の市場予想は21年比4.4%増の5801億ドルとした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

パソコンやスマホの半導体や、電気自動車(EV)に使われるパワー半導体とは。TSMCや東芝、キオクシアなどのメーカーの動向や供給不足、シェア推移など関連業界や市場の最新ニュース・解説をタイムリーに発信します。

半導体が分かる ビジュアル解説

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません