/

この記事は会員限定です

東芝の統治混乱、定まらぬ針路 新議長は一枚岩に意欲

東芝、空転の1年㊤

(更新) [有料会員限定]

東芝の新しい統治体制が始動した。2021年春以降、社長や取締役会議長の辞任や再任否決が続いたが、28日も社外取締役が突如辞任。先導役が次々と変わるなか経営の空転が続く。会社の分割案も株主の支持を得られず、腰を据えた成長戦略がいまだ定まっていない。取締役会が一枚岩となることが、企業価値を上げる再編につながる。

28日午後、東芝本社。2時間超に及んだ定時株主総会の後、新体制で初めてとなる取締役会が開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン