/

トヨタ新型GR86発売 スバルと異なり「限界域」重視

日経クロステック

トヨタ自動車は28日、FR(前部エンジン・後輪駆動)スポーツカーの新型「GR86」を同日から発売したと発表した。SUBARU(スバル)との共同開発車で、2代目となる。販売台数を増やしにくいスポーツカーを共同開発することで、比較的安い価格を実現する。生産はスバルの群馬製作所本工場。

スバルはGR86と車体などが共通の「BRZ」を21年7月末に発表している。トヨタは3カ月ほど遅れた形である。GR86では、BRZと異なり装備を簡素にして価格を279万9000円に抑えたグレード「RC」を用意する。FRは高級車で採用されることが多く、300万円を下回るのは珍しい。BRZは308万円から。

パワートレーン性能や車両寸法などはBRZと共通である。スバルの象徴である水平対向エンジンを搭載し、先代同様に自然吸気とした。

排気量については2.0リットルから2.4リットルに増やす。これにトヨタの技術である直噴とポート噴射を併用するD-4Sを搭載した。最高出力は173キロワット、最大トルクは250ニュートンメートルと先代に比べて高めた。変速機については、トヨタ車でよく採用される6速自動変速機(AT)と6速手動変速機(MT)を組み合わせる。

先代同様にサスペンションの設定などを変えて、走りの「味付け」は変えているとみられる。トヨタは走行性能に関して「限界域でのリニアな応答、キビキビした走り」を重視し、スバルは「誰もが楽しめる究極のFRピュアスポーツカー」にしたと両社で異なる思想を明らかにした。

トヨタは「限界域」、スバルは「誰もが楽しめる」を強調していることから、先代同様にトヨタは後輪を滑らせるドリフトをある程度許容し、スバルは安定性を重んじた設定にしたとみられる。

走行性能に大きく影響するタイヤについては、GR86では17インチ、18インチに加えて16インチ(RCグレード)を用意する。BRZでは16インチは用意しない。一般にタイヤサイズが大きいほど、安定性を高めやすくなる。

車両寸法は全長4265×全幅1775×全高1310ミリで、ホイールベースは2575ミリ、車両質量は1260キロ~1290キログラム。トヨタとスバルは19年9月、「新たな業務資本提携」に合意し、86とBRZに加えて、新型EVの共同開発を進めている。

(日経クロステック 清水直茂)

[日経クロステック 2021年10月28日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン