/

この記事は会員限定です

摘発減る「市場の番人」 監視委が抱える宿題

SMBC日興社員に相場操縦の疑い

[有料会員限定]

SMBC日興証券の社員らが複数の銘柄の株価を維持する目的で不正な株取引を繰り返していた疑いが浮上した。証券取引等監視委員会が今年6月、金融商品取引法違反(相場操縦)容疑の関係先としてSMBC日興の本社(東京・千代田)を強制調査した。不正疑惑の解明は、監視委の真価を問うプロセスとも重なる。株式市場への影響を避けるためにも、早期決着を目指すべきだ。

監視委は「市場の番人」と呼ばれてきた。インサイダー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1992文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン