/

この記事は会員限定です

ANA、「収縮」の光と影 回復局面の瞬発力に課題

松本萌

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)が2023年3月期に3期ぶりの最終黒字転換を目指す。国内線需要の回復と並んで業績改善を支えるのは新型コロナウイルス下で進めたコスト削減だ。原油高などの逆風下で同社は欧米の大手と比べてコストの再膨張を抑えている。一方、身をかがめながらコロナ後の需要を機動的に獲得できるかという課題も浮かぶ。

「強靱(きょうじん)なコスト構造を武器に回復局面の需要を全て取り込む」。4月末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン