/

この記事は会員限定です

M&Aで事業承継、買い手の見極め 成長戦略は具体的か

これだけは避けて④ タナベ経営M&Aコンサルティング本部本部長代理 丹尾渉氏

[有料会員限定]

親族や従業員への事業承継が難しいとき、選択肢となるのがM&A(合併・買収)による第三者承継です。ただ、自分が苦労して育てた会社を託したいと、心から思える相手を短期間で見つけるのは至難の業です。

買い手を見極めるポイントは、M&A後の事業戦略を明確に描けているかどうかです。面談を重ねて、「買収後に当社はどのような位置付けになるのか」を納得できるまで細かく確認しておくことが大切です。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中小企業が事業承継を行う上で、どのような計画が必要でしょうか。 後継者探し、相続税や贈与税といった税金など、課題は少なくありません。 このコラムでは、実例や当時の経営者の考え方を踏まえながら、事業承継で失敗しないための対策について考えていきます。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン