/

この記事は会員限定です

NEC、AI研究用スパコン新設 国内最大の計算速度

[有料会員限定]

NECは2023年3月をめどに国内企業で最大規模の人工知能(AI)研究用スーパーコンピューターを構築する。計算速度は1秒あたり58京(京は1兆の1万倍)回と、AIでよく使われるGPU(画像処理半導体)を用いたなかで現在最大級とされるものの約3倍の速さを目指す。自社の研究用に使い、最先端のAIの開発や優秀な研究者の獲得につなげる。

投資額は数十億円程度を見込む。来年に向けてすでにスパコンの一部を動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り267文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン