/

この記事は会員限定です

東京機械の買収防衛、地裁認める 企業防衛に新たな武器

(更新) [有料会員限定]

東京地裁は29日、新聞輪転機大手の東京機械製作所の買収防衛策の発動を認める決定を出した。同社は投資会社のアジア開発キャピタルによる株式の買い増しへの対抗策として、事実上、アジア開発側を除く株主に新株を与える防衛策の発動を臨時株主総会で決めていた。専門家からは「一定の条件下では、買収する側を除いて総会決議できるという『新たな武器』を認めた司法判断だ」との指摘が出ている。

防衛策の発動には22日の臨時株主総会でアジア開発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り668文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン