/

この記事は会員限定です

政投銀出資のファンド、半導体工場買収 金融主導で再生

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

日本政策投資銀行や伊藤忠商事が出資する投資ファンドなどは米半導体大手、オンセミの新潟県の工場を買収する。最新設備を導入し、電気自動車(EV)向け半導体などの受託製造を12月に始める。国内には約80の半導体工場があるが、設備の老朽化が進んでいる。金融主導で資金を振り向け、国内の半導体産業の再生を後押しする。

買収するのはオンセミの新潟工場(同県小千谷市)。投資ファンドのマーキュリアホールディングス

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り764文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません