/

この記事は会員限定です

偽造半導体、専門商社が判別 調達難で検査需要増

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

世界的に不足している半導体で偽造品の流通が増えており、日系の半導体商社が真がん判定に乗り出している。偽造品と知らずに最終製品に組み込めば、誤作動が起きかねず、電機メーカーなどから検査の引き合いが強まっている。商社は自前で持つ解析設備を活用して新たな顧客開拓につなげようとしている。

半導体商社、コアスタッフ(東京・豊島)が長野県佐久市に置く物流センターの一室には、顕微鏡やX線装置など検査機器がずらり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2406文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン