/

この記事は会員限定です

東芝、置き去りだった成長戦略 データ活用を新たな軸に

東芝、空転の1年㊦

[有料会員限定]

「GAFAも収集していないデータを東芝は取得できる」。社長兼最高経営責任者(CEO)の島田太郎は2018年に独シーメンスから東芝に転身して以来、データ戦略の強化を訴えてきた。3月にCEOとなった島田は6月2日に開いた経営方針説明会で、満を持してデータ事業を東芝の成長戦略の柱に据えた。

データ戦略で中心となるのは傘下の東芝テックが手掛ける国内首位のPOS(販売時点情報管理)システムだ。年間150兆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン