/

「EV電池材、反転なるか日本」まとめ読み

世界的な脱炭素の要請を受け、成長が期待される電気自動車(EV)。その電池の中核部材はかつて日本の素材メーカーのお家芸でした。ですが今や大量の供給能力や価格競争力で中国勢に圧倒され、かつてほどの勢いはありません。日本勢の反転攻勢はなるか。カギになりそうな電池リサイクルなどの動きに迫りました。

住友鉱山、EV電池材事業を買収 住友大阪セメントから

JX金属、廃電池からリチウム再生 EVの普及にらむ

三菱ケミカル、EV電池素材を増産 米欧の脱中国追い風

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン