/

この記事は会員限定です

VC、アフリカに照準 「最後のフロンティア」開拓

[有料会員限定]

日本のベンチャーキャピタル(VC)がアフリカで有望スタートアップを探し始めた。独立系VCのアンカバードファンドは4月にも、現地のスタートアップへの投資に特化したファンドを立ち上げる。人口増を背景に市場が拡大するアフリカは「最後のフロンティア」と呼ばれ、欧米勢も投資を強めている。後れを取っていた日本勢が巻き返しを急ぐ。

「日本では生まれないリープフロッグ(カエル跳び)型の技術革新を期待できる」。ア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません