/

この記事は会員限定です

石炭火力に迫る終幕 電力支えた130年の歴史と今

[有料会員限定]

脱炭素の流れを受け、二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力発電所が強い逆風にさらされている。欧州では全廃の動きが広がり、日本でも国内の未着工計画はゼロになった。明治時代以降、130年以上にわたって日本の電力供給を支え、2度の「衰退危機」を乗り越えた石炭。終幕が迫るその歴史を振り返った。

「燃える石」の発見

石炭の歴史は古く、中国や古代ギリシャでは紀元前から使われていたとの文献がある。日本では14...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3778文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン